ヒゲ脱毛と聞いて一番手軽で実践してる人が多いのが@剃ることになります

カミソリ刃の枚数は関係ない

正直ヒゲ脱毛の治療は高額です。そして時間と痛みが伴います。出来る事ならあまりヒゲ脱毛は経験したくありません。しかしどうしても自身のヒゲがコンプレックスになってくると、それをどうにかして隠そうとしますし、濃いヒゲであればあるほどその思いは強くなります。

そこで手っ取り早く出来るヒゲ隠しの方法として、ヒゲ脱毛ではなくカミソリで毎日丁寧にヒゲを剃り、また青ヒゲをカムフラージュするために日焼けサロンへ通い、顔を黒くしカムフラージュする方法があります。

どうしても青ひげはそのヒゲの濃さが目立ちますし、色白男性ほど青ひげになり易い傾向にありますから、肌の色そのものを黒くする方法は合理的な方法と言えるのかもしれません。




ただ肌の色を黒くしても肝心のカミソリがそれなりに剃れるものではないといけないわけですが、ではそのカミソリの選び方は何を基準に選べば良いのでしょうか。



よくテレビCMではカミソリの刃の枚数が多ければ、よく剃れる上剃り残しなしと言われていますが、別にカミソリの刃の枚数が少なくても、剃り残しを少なくすることはできますし、むしろ歯の枚数が多ければ度を超えた深剃りになってしまい、ヒゲだけに限らず肌も深剃りする事になりますので、それが結果的に肌荒れの原因にもなりかねません。


従ってやたらと深剃りアピールの激しいカミソリよりも、古典的な1枚刃や2枚刃で丁寧に剃り上げていく方法が肌を傷付けず、安全なカミソリと言えるのです。

髭を剃ると濃くなる説の真意

ヒゲをずっと剃り続けているとやがてヒゲが濃くなっていくという説がありますが、これは本当でしょうか。ヒゲ脱毛を本気で考える男性の多くが、既に青ひげ状態になっており、毎日髭剃りをした結果、青ひげになるくらいヒゲが濃くなったと主張します。

しかしヒゲを剃っただけで本当にヒゲは濃くなるのでしょうか?答えは濃くなりません。そもそも人の毛穴の数に個人差はあるものの、生まれた時から一定数決まっていますのでヒゲの濃さで悩んでいる人は後天的にヒゲの毛穴が増えたのではなく、じつは最初から濃くなる運命にあったのです。


そして剃り続けた事でヒゲが濃くなったのではなく、剃り続けた事で肌を守ろうとするためにヒゲがより早く生えるようになったと言った方が正しいかもしれません。

もともと体毛は人の肌を守る為にあるものであり、ヒゲ脱毛をすればその毛が全部なくなりますので逆に肌は大きな危険にさらされることになります。


強い日差しを受けた事でメラニンが生成されやすくなり、皮膚がんになるリスクも高まるのです。つまりヒゲを毎日剃り上げる事で、それだけ皮膚が紫外線にさらされることになり、それを守ろうとするために、剃られた直後の鼻の下や頬や顎といった部位のヒゲは、一刻も早くヒゲを生やそうと努力するのです。

その結果新しいヒゲが生える速度が速くなり、濃くなっているように錯覚してしまうのです。ヒゲの濃い人は体質である以上、いくら剃ったところで根本的な改善は見込めませんので、ヒゲ脱毛でヒゲを隠す方法もいいですが、逆に自身の濃いヒゲと上手く付き合うというのも方法かもしれません。

肌が気になるならヒゲ脱毛が良い

どうしてもカミソリの場合は肌に対して過剰にダメージを与えかねませんので、もし肌のダメージが気になるのであればカミソリを使うより、専門的なヒゲ脱毛機器や専門のサロン、またはクリニックに行かれた方が、より効果的にヒゲのない顎や頬のツルツル感を実感することができます。

ヒゲ脱毛は必ずしも専門のサロンやクリニックに行かないと効果を実感できないというものではなく、最近は手軽に購入できる家庭用のヒゲ脱毛器具がありますので、ヒゲの程度にもよりますが
軽めのヒゲや、比較的柔らかい毛質であればこれらの脱毛器具の方が効果的に脱毛実感する事ができます。

ただ家庭用の脱毛器具ですから、効果は割と弱く、万人に対して効果があるかどうかは疑問ですが、価格も比較的安いですし、最初に使うヒゲ脱毛マシンとしてはお勧めです。最近は通信販売でも簡単に購入する事も出来、多くの方々に好評を得ている脱毛器具も多くあります。

ただ脱毛器具の多くは毛を抜くタイプの脱毛器具も多くありますので、痛みの少ない脱毛器の選び方としてはフラッシュ脱毛か光脱毛器を選ばなくてはなりません。

そして男性のヒゲ脱毛にも応用できる器具である事、また故障の少ないものが望ましいでしょう。
実際通信販売で購入すれば1台3万年代後半から4万円程度で購入する事ができます。ヒゲ脱毛を本格的に行う前に自身のヒゲがフラッシュ脱毛器や光脱毛器で済むのであればそれに越したことはありませんので、まずは家庭用から是非お試しください。